今は各保険会社が様々な保険商品を出していて、どれがいいのか迷ってしまいます。

特定の保険会社へ相談するとその会社の保険商品の中から比較検討しなければなりません。
そういったことから最近は、無料の保険相談サービスを利用する人が増えています。

 

現在加入している保険の分析をしてこのまま続けた方がいいという結果が出れば、安心します。また、保障内容を追加した方がいいというアドバイスもあり得ます。
無料保険相談は相談者の要望を聞いて、必要な保険だけを組み合わせて作るオリジナルの保険になりますから、特約などの余分な契約が入りませんからスリムなものになります。

 

無料保険相談をする際には、現在加入の保険の保険証券をできるだけ用意しましょう。しかし保険証券がなくても大丈夫です。分かる範囲でFPに伝えることでプロがちゃんと判断してくれます。

 

また、将来のライフ設計や夢なども話しましょう。やりたいことや、なりたい職業によって保険の保障なども異なってきます。また受取る保険金の希望金額もある程度決めておくといいでしょう。
そして、親族にガンに罹った人が複数人いる、あるいは呼吸器系の病気を持つ親族が多いなども分かる範囲で調べたりしておくといいですね。

相談者が満足する保険商品を探す

保険相談を行う際、FPに求められるのは、相談者の変化してゆくライフステージを組み込んだ保険商品の提案と、限りなくお得な保険料で、希望する保障を得られるプランということになります。

 

相談者が満足する保険商品を探すのは大変なことで、FPにとっては腕の見せ所とも言えます。相談をする際、現在から将来にわたってのライフプランや夢などをFPから聞かれます。FPは、それが金銭的にどのくらい必要になるのか収入と支出のバランスに無理はないか、などの診断までします。

 

それがキャッシュフロー表に具体的に表されます。
キャッシュフロー表作成はFPにとって最も重要な作業となっています。
FPの経験値を基に、相談者の夢や目標を入力しますが、今後の収入や支出の予想もします。

 

このような作業はFPの幅広い知識と、相談実績の積み重ねが重要となります。また人間的にも信頼がおける人柄でなければなりません。
保険相談サービスを利用する時は、実績や経験豊かなFPと契約があるショップを選ぶことが大切です。

 

【生命保険見直し無料相談ランキング】保険見直しのポイント・注意点は?

更新履歴